南三陸町志津川出身者による復興支援サイトです。復興品、支援、町情報必要な物。自分なりの復興支援を考えお手伝いします。

2014.7

2014.7

今日は 大いなる励ましを頂けることでしょう

 23日両陛下が 南三陸町を来訪してくださいます

 身近に 両陛下を感じることができたら 本当にこのうえない
 励ましになることでしょう

 テレビを観てても 両陛下の励ましは別格だというのを感じますもの

今は 夏休み そして ゴジラ

  さて 話題は 夏休みと生誕60周年 連日 ゴジラ番組に移ります

  時代考証に随所に懐かしさを感じつつ ストーリーの核は感心させられました

 その中の 今に通じる一場面に ハッとさせられました

 「強大になった ゴジラは このまま行くとどうなるのか?」という台詞に
 「メルトダウン!」という返事がかえってきたんですね

  なにものをも溶かす物体となったゴジラがそのまま地球の核まで溶け続けて
  いき地球を崩壊させるという説明でしたが、19年前の映画で「メルトダウン」
  という言葉がちゃんと使われていたことに無知な私は驚きました。

  今更ながら 考えられる危険性というものに知らないというだけでは 
  済まされないことを感じさせられてしまいました
 

12日 朝方、4時頃の地震

 ちょうど 起きていたのです。
 
 揺れの長さに、これがこのまま大きな揺れに繋がるかも、と思い周辺を見直しました

 幸い、揺れは治まりましたが、揺れの直後から鳴り出したさまざまな警報に
 緊急性の場合の対応の流れを知ることができました。

 実家の南三陸はFBなどでも様子を知ることが出来たので、落ち着いた頃合いを
 見て連絡をいれようと思います

 昨夜 同級生が電話をくれ、来年あたり近場で同窓会を行おうという
 呼びかけでした。
 
 今朝のことを思うと何事もなく皆が顔を合ることを強く思いました

9日  

そしてゴジラが60年を迎え

 ゴジラ誕生60周年リマスター版のTV放映を昨晩 観ました
 第一作目のリマスター版です。
 
 自分が生まれていない時の一作目を 大人になって観ると

 「やはりスゴイね。」の一言です。こんな映画だったんだ。
 
 もし現実にこのような怪獣が現れたら、当時の対応はこんなんだろうな
 という結構納得させられる内容でした。

 そして、私としては 俳優さん達の若い頃を観ては「あ~わかる わかる この人だ
 うん この顔だね 確かに」と・・・

 でも どうしてもつながらなかったなぁ~ 明・宝田さん

 それでも 色褪せないものを また 一つ 見つけたような気分になりました

2日

トムとジェリーって1948年生まれだったんですね

 マンガやアニメ好きな人達の中で、独自の最終回話を作って動画アップ
 してたりしてますね。

 これが結構泣ける話が多いのです。それくらい上手にまとめています

 放映当時に夢を与えてもらったアニメの物語ですからね

 みんな 涙ものですが、素晴らしく良い話に出来上がっています
 
 サンプルをアップしないといけませんね

a:687 t:1 y:0a:687 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional