南三陸町志津川出身者による復興支援サイトです。復興品、支援、町情報必要な物。自分なりの復興支援を考えお手伝いします。

2012.9

MenuBar
9月28日
&deco(red){&size(20){9月だよ~ 叫んでいたら もう末じゃん 10月じゃん 日にちを数えるどころじゃない

つい同じ台詞になるけれど、まだまだ暑さが続きます。”暑い”という度に100円没収してたら、結構貯まってるよね。どうかお身体をご自愛下さい};};

9月2日

クマはどこへ行った?

更新を待ち望む友の声、メールの励ましやお酒の差し入れを受けつつ
嬉し、恥ずかし 天邪鬼。

なんてね お待たせしました。
さてさて青森出身の道友から早速チェックを受けました。

ねぶたの”ハネト”が身につける鈴は「幸運のお守り」の意味はなく私が勝手に
そう思っているだけのことです。

まあ 単純に「縁起物」という位置づけにしておきましょう。私がいうことなので
縁起物の真意も定かではありませんが、寛大な解釈をお願い致しますm(_ _)m

さて、青森県の高速道路ガードレール際で仔熊ちゃんを見たという そんな話しをしたなかでの 驚くべき話しを聞きました

耳がついてるし・・・

以前の話しになりますが、その人が南三陸自動車道の○島付近を走っていた時の事

中央分離帯のところになんか黒い大きな固まりがあったそうなんです

”ナンダロウ”と思って速度を落としたところ、耳がついているのがわかり
動物。クマだとわかったそうです

にしても、ナゼ こんなところに、その格好で。

まるでトラックの荷台から落ちたような広がりかたをしていたそうです

そしたら、前方に白いケムリをだして停車していた車から、二人の男性が
降りてきたそうです

そう、事件は今しがた起きたばかりだったのです。

そのクルマ、○○ングロードの前方は相当凹み、廃車レベルのように見えたそうです。

相当丈夫な車種だと思いますが、野生のパワーの前にトランスフォーマー並みの
戦い方になってしまったのでしょうか。

どちらにしても災難だったことは否めません。

こういった野生動物との事件の場合、今回のように現場に当事者が残ることになれば
保険のケースでも対応できる場合もあるそうですが、カモシカなど野生動物全般は、
致命傷を負ったとしても その場から逃げ出し、人目の及ばない場所で
チカラ尽きるという話しも聞きます

そうなると保険の対応もケースバイケースになるそうですね。
思わずそういった方面に話しが及び聞き入ってしまいました。

公けのニュースにはならなかったようですが、そしたら今度はカモシカと
ぶつかりそうになった話しを知人がしてくれました

皆 何かしら 持っているねぇ~  感心しましたよ

a:868 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional