食べるもので身体はつくられる

身体に入れるもので身体は作られます
美味しいもの身体によいものを摂取したいですね

美味しいと言われるものですが、
酒も食材も 自分の好みにあったものが美味しく感じられます
あとは、食材への慣れもあるか ないかで美味しさが違ってきます

身体が弱っていて食欲も落ちている時でも
ちょうどその食材を目にしたときに
「身体が欲する」と感じる時があります

本能的に身体が不足し求めているものが分かるんですね
それも 今までで食べた経験があるからこそ身体も覚えているのでしょうね
そう考えると、益々身体によいものが必要だし
良い土壌や環境が重要なんだと思い至ります

SDGS(持続可能な開発目標)もそうですし
バイオスティミュラント(植物体や土壌により良い状態をもたらす様々な物質や微生物が混在する資材)
を用いての農業などなど

就農者や食べる私達にとっても大切な農業を見直すきっかけになると思っています

自分の身体に合った食材ということでは
大谷選手の身体はどういう食生活でできあがったのでしょうね
特に現在の活躍を維持する食生活には、大変 興味をそそられます

a:192 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM