南三陸町志津川出身者による復興支援サイトです。復興品、支援、町情報必要な物。自分なりの復興支援を考えお手伝いします。

2013.7

MenuBar

カブトンは暑さに強いと思われがちですが、実は乾燥が苦手です。湿る程度のミストを与えてくださいね。去年、湿気の度合いがわからず洪水状態にし「ブラちゃん(カブト虫の名前。黒いのでブラちゃん。私は別を連想してました)は逃がすから!もう二度と飼わないからね!」と 思いっきりお母さんに怒られた姪っこ子っ子を思い出しました。うん ついやっちゃうんだよね

7/13 熱中症に気をつけてね・・ワンコも人も・そして火渡り

  暑さに包まれていると、気をつけなければならないのが
  熱中症です 今の時期 地面スレスレのワンコの散歩は見ているだけで
  本当に気の毒になってしまいます。

  毛皮を脱ぐこともできない彼ら気をつけてあげたいものですね と そんな中

  7月13日の東根の火渡り式のお祭りに参加してきました
  一緒に行った友人から 「ギョーバもやっておいでよ」と言われ

  「大丈夫、熱くないから~」 いや それを素直に信じたら・・・

  また 何冗談いってるのかと思ったら、あら地元の子供達が一列に並んでる??
  その 後ろには大人たちも・・・だ、大丈夫なの~

すんごい 緊張モノです

  列に並んで 順番待ちはドキドキものです。
 
  子供は裸足で、ワクワク顔。 大人は靴履いているので、靴でよいのね
  

  前に並んでいた子供が屋台のアイスにダッシュし始めたら、係りのおじさんが
  「おだだねで(ふざけないで)ちゃんと 真剣に構えないと ヤケドすっど」

   おじさん真顔でいうのは、その子を通り越して 後ろの私に ダイレクトに
   届きましたよ。 はい 思いっきりコワバリました。

   皆さん 靴を脱ぎ始めたので 「え~やっぱり靴脱ぐの」

   覚悟と皆さんに続き、盛り上げられた塩を踏み、塩に包まれた足で
   燃やした薪の上をゆっくり ゆっくり踏みしめながら歩きます

   でも煙いから どうしても自然 早足になりがちになります

   急がないで。横に手をつないで渡るのもダメ。
   小さなお子さんも 一人づつ 渡るのがお約束

   周りを囲む係りのおじさん達の指示や叱咤を受け、渡りきった証に
   お札を貰うと嬉しいものですね。大丈夫。熱くなかったし。 

   それでも 順番待ちの人がビビり顔になる場面も一応あったんですよ。
   

   渡った後に足をさすっている子もいました。大事ではなかったから良かったけどね

   係りのおじさんの言うことは本当だったのね。と 改めてホッとしたのでした。

   皆さんも どうぞ 来年 トライしてみて下さい

柴犬 女優 マリちゃん

  ハナワさん×中村勘九郎さん交り=マリちゃんの飼い主さんですが、
  声と演技力がスゴイ そして それ以上と絶賛されているのが柴犬
  女優犬のマリちゃん

  本当に 声だして笑ってしまいました  どうぞ どうぞ ご覧アレ

  私が笑った「浪人させない犬」ナドナド 柴犬女優 マリちゃん

  別ページになりますが「師匠のオーラ」もスゴクて可愛いです
  そして また このサイトに戻ってきてね  

  そうそう カブトンの脱皮した皮は残っていました 引越し後の
  お部屋を掃除したら出てきました

  考えれば そうだよね  ウン

  

オヤ 七月でしたね

  
  先程 ワクワクしながら ダンボールハウスを覗いたら オオッ

  すっかり羽化?脱皮したツートンカラーのカブとんがいました

  焦っています お引越しさせなければ
  ハウスを変えないといけない・・です

  この成長にも 個体差があるのですね。
  まだ 白いモスラ状態もいるし、サナギでピクピクしているのもいるし

  本当 6部屋の住人の成長具合はさまざまです

  
  画像の説明

  ツートンカラーの変態?色ですね

  まるで ホワイトチョコの見た目ですが、時間の経過と共に序々に
  ダークチョコの様相を示してきました(^^)

  それが こちら 約5時間後の姿です

  画像の説明 

  角には まだ皮?が かかっていますが、他の皮はどこにいったのでしょうか?

  食べるのかな? でも食べれないんだよね カブトンの口吻じゃ??

  皮らしきものが どこにも残っていないのが また不思議??

  角にかかった皮の行方に注目してます  ハイッ    

a:676 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional